北区浮間指圧・キムラのホームページ
TOP

指圧・キムラのホームページ


      ****************************************************************************

   いつもこのページを見ていただいている物好きな(失礼!)方へ

   いつもつたないページを覗いて頂き感謝に堪えません。

   ありがとうございます。

   このページは、au one net のホームページ公開代理サービス終了にともない

   サーバ移行しました。

   今見ていただいている URL が新しい場所です。以下↓

   http://backbeat1956.link/

   現在は旧環境からの転送がうまくいっている筈ですが、、

   2017年10月をもって新しい URL に転送されない事態が想定されます。

   もし今後も見ていただけるのであれば、上記のURLで再度設定していただけると

   ありがたいです。

   気まぐれにしか更新していないのに見ていただき本当に感謝です。

   2001年から始めて、こんなに長く続けるとは思ってもみませんでした。

   「表現する場所を持つということは健全を保つのに役に立つ」ということを

   発見しました。もうしばらくは続けていこうと思います。


                          木村 浩 2017/4/28

      ****************************************************************************



 「指圧・キムラ」には一人の指圧師がいるだけです。

従ってこのホームページは一人の個人としての指圧師が書いています。

 指圧は個人と個人との関係で成立します。ですから、単に技術だけでない、いろいろな意味

での相性のよしあしが大きく影響します。一人の個人としての指圧師が、どのような考えで指

圧と取り組んでいるのか?くわえて、機械ではない人と人との関係において指圧が成立するの

であれば、広告・宣伝以前に、自分自身を表現することは必要なことではないか?という考え

にもとずいて、このような場を持つことに致しました。


 最初は「指圧周辺」というタイトルで紙にプリントして手渡して読んでいただいていました

が、なにか押し付けがましい感じがして、ホームページ上での表現ということにしました。

あくまで自分自身の経験や思いをベースに、1,2ヶ月に一回くらいのペースで新しく書き加え

ていく予定でいます。

書く、という才能がないことは十分認識しておりますが、断片的にでもひろい読みしていただ

ければ幸せです。 



                  厚生大臣免許/登録第115033号 指圧師 木 村 浩


営業的なことはこちら



 目 次

go to TOP

指圧周辺 no.001 予防としての指圧/全体へ働きかける指圧/相性について/  2001年 5月

指圧周辺 no.002 指圧の効果/クセになる?/ふれることの意味/  2001年 10月

指圧周辺 no.003 生老病死・・・ /  2001年 12月

指圧周辺 no.004 「 疲れを自覚する 」 ということ/  2002年 2月

指圧周辺 no.005 自分のからだに責任をもつ/「願い」がありますように/  2002年 5月

木のフシ /   2002年 9月

宗教と医学のあいだ /   2002年 10月

指圧との出会い /   2002年 11月

運動をはじめる /   2003年 2月

ロボットに学ぶ? /   2003年 4月

アトムの哀しみ /   2003年 7月

4日運送屋3日指圧師 /   2003年 8月

SMAPのうた /   2003年 10月

一皿100円の魅力 /   2004年 1月

世界を平和に /   2004年 2月

入学式とイラクでおきたこと /   2004年 4月

敷居が高い /   2004年 6月

たまには「肉くおう!」 /   2004年 9月

目指せ、カリスマ指圧師! /   2004年 11月

最先端科学が宗教を説く /   2005年 1月

軍服のシカケ /   2005年 2月

マンモスの時代 /   2005年 4月

時間のスピード /   2005年 5月

健康以前 /   2005年 6月

イイ話 /   2005年 7月

オヤジのブツクサ /  2005年 9月

日 記 /  2005年 9月 9日

幸せを感じる時は? /  2005年 10月

泣き虫 /  2005年 11月

正月という装置 /  2006年 1月

人生の真ん中に /  2006年 2月

指圧はイイなあ /  2006年 2月

仕事とはなにか? /  2006年 4月

桜  /  2006年 4月

面授  /  2006年 5月

「いただきます」と言わせるな!?  /  2006年 6月

「修理」される身体の未来  /  2006年 7月

続・アトムの哀しみ  /  2006年 9月

指圧はまちがいなく素晴らしいのだ  /  2006年 10月

父親の生きた時間をこえて  /  2006年 12月

脳は都市、体は自然  /  2007年 1月

「地位と名誉」と「カネ」 /  2007年 2月

貝原益軒「養生訓」の前提 /  2007年 4月

指圧という窓から /  2007年 6月

よっぱらった勢いで「金」のはなし / 2007年 8月

初めての海外旅行のこと / 2007年 8月

生きかたにふさわしい体になる / 2007年 11月

自分の仕事に胸を張れるシアワセ / 2008年 1月

シアワセのシキイ理論 / 2008年 4月

ブレーキの文化 / 2008年 4月

知らない人生を知る、ということ / 2008年 5月

空のむこう / 2008年 8月

取って代わるもの / 2008年 8月

大切なものに気がつく / 2008年 11月

リアリティ / 2009年 1月

日記・2009春 / 2009年 4月

法則/プラ・マイ・ゼロ / 2009年 7月

風に吹かれて / 2009年 9月

スイスイスーダラダッタ、スラスラスイスイスイー/ 2009年 10月

たまには空を/ 2010年 1月

オートバイでの旅のこと / 2010年 2月

かかあ天下と亭主関白 / 2010年 5月

生命は2ミリの薄膜にまもられて / 2010年 6月

般若心経 / 2010年 8月

イカゲソノワタイタメデイッパイ / 2010年 9月

自力で便所に行けない自分 / 2010年 12月

母の死 / 2011年 5月

体の不調で思うこと / 2011年 10月

好きな仕事をするということ / 2011年 11月

カラダから考えよう / 2012年 3月

車を持たない(持てない)わけ / 2012年 4月

銀河連邦政府の決定 / 2012年 6月

反原発集会 / 2012年 夏

今この場所にいる幸運を / 2012年 10月

オンナには、 / 2012年 10月

そう、ワタシハクライ / 2012年 11月

2013年はイシとユキで始まった / 2013年 1月

手拭いとタオルと大風呂敷 / 2013年 2月

「オトナ」と「コドモ」 / 2013年 3月

ジェームス・ディーン 〜 アドルフ・ヒトラー / 2013年 6月

リビング・ウイル  Living Will  / 2013年 10月

小さな世界で生きていく、けれども・・・ / 2014年 2月

火 の 鳥 / 2014年 4月

自分で作った弁当はうまいのだ(写真付き) / 2014年 7月

同じ物語はひとつとしてなく / 2014年 10月

健康という傲慢? / 2015年 1月

つっかえ棒 / 2015年 5月

国語 〜灰色の現実世界を生きるために〜 1/2 / 2015年 8月

(続)国語 〜灰色の現実世界を生きるために〜 2/2 / 2015年 9月

恋そして愛、やがて慈悲の心へ / 2015年 9月

正月とマララのスピーチ / 2016年 正月

Iam : because of you / 2016年 4月

民主主義サイコー・・・? / 2016年 7月

ニューヨークの人に会った・その一 / 2016年 8月

ニューヨークの人に会った・その二 「世間」と「社会」 / 2016年 9月

知らない人生を知るということ / 2017年 1月 正月

読書のたのしみ / 2017年 3月

菅原文太さん 〜プロでない私が・・・〜 / 2017年 4月

自分の評価は他人が、/ 2017年 5月

別れを重ねて人は、 / 2017年 6月

終戦記念日 / 2017年 8月

風に吹かれてみたらどう? / 2017年 10月



 そのうちまた追加します







go to TOP


navitokyo